雑誌やパンフレットなどに使われる「折り込み」は、内側に巻いた「巻き三つ折り」を用いて冊子の中に入れます。
従来の中綴じ製本では、綴じていない三辺を最後に裁断(化粧断ち)して綺麗にそろえますが、折り込みの場合、袋になっている部分を誤って切り落としてしまわない為の微調整が必要になります。

階段折りとは、階段状に大きさの違う紙を重ねた手法です。
そのまま製本して裏表とも階段状にしたり、片側だけ階段状にして壁かけのように仕上げたり・・・あるいは、階段部分をインデックス化したメニューなど、工夫次第でさまざまな活用ができます。
ウキマはこういった微調整や複雑な変形が得意です。
そのうえで紙を傷付けないで仕上げるよう、丁寧な作業を心がけています。